青汁の始まり

青汁の知らないこと

平安時代から飲まれていた青汁は、長い時を経て、現在でも栄養を補うために飲まれて続けています。


青汁の始まり

今では、青汁を知らないという人はいないほど、社会に浸透し、健康維持の為に愛飲している人も多くなりましたが、このように認知度が高くなったのは、約30年前くらいからと、つい最近のことなのです。

それまでは、九州地方で健康に関心がある一部の人たちのみが飲んでいたようです。

しかし、平安時代に丹波康頼により著述された医学書である「医心方」に野菜の絞り汁として青汁が記載されていることから、青汁に含まれる豊富な栄養素は、平安時代から人々に注目され、飲まれていたということになります。

私達の知る青汁として飲み始められたのは、戦後の1940年あたりからです。

この時期は、食料難で栄養不足が懸念されていた時期で、栄養を補うために捨てられていた野菜や、家庭で植えられていた野菜で青汁を作り飲んでいたと言われています。

食糧難とはほど遠い現代では、食生活の欧米化やファストフードの発達により、栄養が偏り気味な私達の栄養を補う大切な飲み物となりました。

※こちらから購入出来ます・・・青汁のソムリエをチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加